News
ニュース

HOME > ニュース > お知らせ > 地方創生オンライン会議#13を開催しました!
  • Info

  • 2020/05/04

地方創生オンライン会議#13を開催しました!

こんばんは。

本日は、長崎県壱岐市の森俊介さんをお招きして、地方創生オンライン会議#13が開催されました。

※この学びの場は、九州のNPO法人学生ネットワークWANの皆さんが企画・運営されています。

新卒でリクルート入社後、ホットペッパー等を担当されたのちに、渋谷にて「森の図書室」を起業された森さんは、壱岐に移住してわずか3年ほどで市長選にも出馬されました。

結果的にほんのわずかの差で落選されたものの、多くの島民から信頼を集め、確実に壱岐に新しい風を吹き込んでおられます。

今日は就活に関する話題に始まり、「地方ってほんとに不利なんだっけ?」というテーマで議論が盛り上がりました。

HLS弘前管理人の辻も、首都圏から弘前に入ってきていて、地方の強みというか、地方の素晴らしさをヒシヒシと感じながら生活しているわけですが、ずっとその地方で育ってきた学生には、地方での暮らしが、圧倒的に不利だと感じられるようでした。

何が何でも弘前に残ってほしいとは思いませんし、地域外に出て、多くの経験を積んでくること自体は素晴らしいと思います。一方、「ここには何もないから・・・」というイメージだけで、地域外に出てしまうのはとってももったいないと思います。

学生の間に、この地域の中で、世界とつながりながら、どんなチャレンジができるのか。学びの欲に火がついた学生諸君の活躍を期待しています。

カテゴリー
アーカイブ
  • 2020年