News
ニュース

HOME > ニュース > お知らせ > 第6回目のオンラインOBOG訪問を開催しました!
  • Info

  • 2020/10/17

第6回目のオンラインOBOG訪問を開催しました!

「賢い」「熱意のある」業界研究が道を切り拓く?!

昨日は、りそな銀行4年目の青柳尚憲さんをお迎えして、オンラインOBOG訪問6回目を開催しました。

動画はこちらから
https://youtu.be/w9vA1u6rp60

今回のテーマは『業界研究のコツ』ということで、面接官を納得させる「賢い」業界研究の仕方についてレクチャーしていただきました。

業界研究というと、一般的には『業界地図』なんかを見ながら、気になった業界を深掘りし、各企業のパンフレットや採用ページをじっくり見るという流れが王道でしょうか。青柳さんは、この流れに加えて、四季報を見つつ、日頃から企業のIR情報をしっかり読み込み、ノートにまとめていたそうです。

そして、最も力を入れていたのが毎日新聞を読むということ。日経とNewsweekは欠かさず目を通して、特に気になる分野はキーワード登録をして、見逃さないようにしていたようです。

業界の大きな流れや、これから目指す方向性、あるいはその業界・企業の弱みや今後考えられるリスクなどを頭にいれておくと、面接官とのやりとりが「社会人VS学生」の構図から「会社の先輩VS後輩候補」のようなカタチになり、自身の採用についてよりリアルに考えてもらえるようになったとのことでした。

自己PRや志望動機も大事だけど、それは全て「熱意のある」業界研究の上に成り立つものであって、そこに自分なりの解釈や大切にしたいことなどを重ね合わせていけば、おのずと進みたい道も決まるというお話が印象的でした。

最後に、学生時代に取り組んでほしいことをお聞きすると「一生懸命やっている大人と沢山触れること」というメッセージが返ってきました。

その瞬間には気付かないこともたくさんあるけれど、数年たって自分が仕事を始めたときに、あの時、あの人が言ってたことが染みるなぁという経験って、たしかに多いかもしれません。

弘前の学生の皆さんには、短い学生時代にどんな環境に身をおき、何に本気で取り組むのか、あらためて想いを巡らせてもらえたらと思います。

カテゴリー
アーカイブ
  • 2020年